ブログ

■代表ブログ
■スタッフブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 引きこもりと家族喧嘩

引きこもりと家族喧嘩

こんにちは!
不登校サポートセンターCOREの福田です。

皆さんは親と喧嘩をしてだいたい、
何日くらいで会話を再開できていますか?

私は今ではほぼ毎日会話をしていますが、
引きこもり時代は最大2~3ヶ月程、会話がなかったです。
ほとんど部屋にこもっていたので顔を合わせない時もありました。

その時に私が行っていた対処法を書いていきたいと思います。

機嫌をうかがう
親が仕事から帰ってきたらとりあえず「おかえり!」と言って顔色をうかがい、
機嫌が良ければそのまま会話に持ち込んで忘れさせようとしていました。
忘れさせることができていたのかは疑問ですが・・・(笑)

誠意を持って謝る!
とりあえず「ごめんなさい!次から気を付けます。」と言って謝っていました。
謝ってダメなときは、時間を空けて様子を見て会話を切り出していました。

親と喧嘩してしまった時は、このように毎回対処していました。
とにかく、会話を切り出せる状況を作ることがとても大切です!

喧嘩のきっかけはほとんど場合、
「いつ働くのか?」を顔を合わすごとに言われていたので、
イライラして喧嘩に発展していました。(言われて当たり前ですが…)

自分の子どもが引きこもりや不登校だと、
やはり親も不安になって言ってしまいます。
本人も学校に行かないといけないと分かってはいるけれど、
行けない自分にイライラして喧嘩になってしまう。
この喧嘩の流れが非常に多かったです。

しかし、阿部先生の本に書いてあった、
「やりたいことをとことんやらせたら、飽きて生活を見直すようになる」
これには、私もとても共感できます。

実際に私はゲームばかりをしていたので、
「そろそろ真面目に生きないと!」と思って、
バイトをするようになりました。

ですのでそんなに心配しなくても大丈夫だと思います。
よろしければぜひ読んでみてください!↓
http://reo-research.lolipop.jp/core_new/more/

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事