ブログ

■代表ブログ
■スタッフブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 引きこもりと不登校の8つの原因(その2)

引きこもりと不登校の8つの原因(その2)

こんにちは!

関西校の福田です。
今回は前回の記事の続きで残りの4つの不登校の原因を書いていきたいと思います!
​​
「家庭環境」
両親の離婚やリストラにより生活が苦しくなるなどが原因で不登校になる子どもが3〜5%もいます。
離婚やリストラによる生活の苦しさで子どももストレスを感じ学校や家族を避けるようなることが多いです。
こういう場合は辛い気持ちをお互いに話し合うことが親子の溝を埋めてくれるかもしれません。
​​
「発達障害」
こういった子どもには、専門的な知識をもったカウンセラーや担任の教師でサポートを行っていく必要があります。
個別指導を取り入れながら子どもにとって最も良い学習環境を整えてあげることが大切です。
​​
「神経症」
ストレスによって何らかの精神的負担や行動ができなくなるなどの症状を神経症といいます。
神経症の特徴は、

1.強いこだわりがある。
2.理由もなく不安になったりする。
3.気分的な落ち込み
4.対人恐怖症です。

こういう特徴がある場合は専門医と相談することが大切です。
​​
「学業不振」
学業不振は不登校の原因の内8〜9%も占めています。
試験や勉強についていけなく、学校へ行かなくてなってしまいます。
こういう場合は塾や個別指導などを利用し、しっかり学び直しをさせてあげてください。

参照:https://www.futoukou-navi.com/note/kihon/genintotaisaku.html

以上が残りの不登校の4つの原因になります。
良ければ参考にしてください!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事