ブログ

■代表ブログ
■スタッフブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 引きこもりと家庭環境

引きこもりと家庭環境

こんにちは!
関西校の福田です。

ここ最近、急にとても寒くなりましたね。
コートが必要な時期ですね。
寒さに負けず頑張りましょう!

さて、不登校や引きこもりになる原因は親にある場合があります。
今回は不登校や引きこもりの親の特徴について書いていこうと思います。

​​

【学歴へのこだわり・プライドが高い】
不登校になる子どもの親はプライドが高かったり、学歴コンプレックで自分以上、自分と同等を求めたりしてしまう傾向があります。
お子さんの気持ちを聞かずに自分の理想を押し付けてしまって、お子さんが疲れて学校に行かなくなりそのまま引きこもりや不登校になってしまうことが多いです。
お子さんに頑張ってほしい気持ちはとても分かりますがしっかりとお子さんの気持ちに耳を傾けることが大切です。
​​

【放任】
子どもの好きなようにというわけではなく、子どもと全く関わることがなく仕事や自分のことしかしない親です。
この特徴のある家庭環境の場合は、お子さんが非行に走って不登校になってしまうことが多いです。
自分が放任な親の家庭環境で育ち、どのように子供に関わったら良いかわからないために
放任になっている場合と自分は過干渉な環境で育ってきてそれがとても嫌だったから全く真逆の家庭環境にしてしまうことが多いです。
​​

【夫婦喧嘩が多い】
いつ家に居ても夫婦喧嘩ばかりでお子さんがびくびくして過ごす….。
こういう家庭環境の家庭ではお子さんは学校から帰ってきても安心して心や体を休めることができないため疲れが溜まって不登校や引きこもりになってしまいます。
家庭は安心して体や心を休ませることができる唯一の場所です。
色んな事情があると思いますが、夫婦喧嘩はしないように気をつけましょう!

参照:http://futoukou-consultant.com/%E7%99%BB%E6%A0%A1%E6%8B%92%E5%90%A6-%E8%A6%AA-%E7%89%B9%E5%BE%B4-%E4%BB%95%E4%BA%8B/

不登校や引きこもりには紹介したように親御さんが原因の場合もあります。
「皆さんも知らずにしていませんか?」もし、していたら家庭環境を見直しましょう!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事