ブログ

■代表ブログ
■スタッフブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 引きこもりと不登校なりやすい子どもの親の特徴

引きこもりと不登校なりやすい子どもの親の特徴

こんにちは!

CORE関西校の福田です。

今日で5月が終わりますが、
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

次回のイベントについてですが、
7月8日(日)に無料講演会が決定いたしました!
場所は神戸市教育会館です。

私は学生時代以降、
兵庫県に行ったことがないので少し楽しみです。

遊びに行くわけではありませんが…(笑)
良ければ参加してくださいね!

詳しくはこちら
https://www.reo-core.com/events/7yue8ri-ri-bu-deng-xiao-sheng-bao-hu-zhe-xiangke-wu-liao-jiang-yan-hui

話が変わりますが、
不登校になる子どもには親にも特徴があるみたいです。

今回は、その特徴を調べてみました!

【親が高学歴】
子どもの気持ちよりも世間体と親の意向で全て決めてしまう。
子どものことを思っての行為だとは思いますが、
少し子どもの声に耳を傾けてあげてみてはどうでしょうか?

【家庭環境】
学校や外で疲れて帰って来ているのに、
家に帰れば親が喧嘩ばかりだと
子どもも気や体を休めたりすることもできません。

【親が放任主義】
不登校でとても多いのが父親の放任主義です。
仕事など忙しかったりするのはわかりますが、
子どもの話を聞いてあげると
少し変わってくるかもしれません。

参照:https://matome.naver.jp/odai/2152438102777764901

特徴を見る限り、
不登校を克服するには家庭環境がとても重要だと思います。
お母さんだけでなくお父さんも一緒に
心を休めることのできる家庭環境を作ってあげることと、
しっかりお子さんと会話することが大切です!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事