ブログ

■代表ブログ
■スタッフブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 引きこもりと熱中症

引きこもりと熱中症

こんにちは!

関西校の福田です。

7月になりましたね。
学生の方は夏休みが近いのではないでしょうか?

私の夏休みはクーラーをガンガンにつけて昼寝するのが楽しみでした(笑)
私みたいな過ごし方をするのではなく、皆さんはもっと有意義に過ごしてくださいね!

夏といえば一番危険なのは熱中症です。
去年の夏も熱中症に関するニュースが多かったですね。
そこで今回は熱中症について書いていきます。

【熱中症】
体温が上昇して体温調節バランスが崩れて、体内に熱が溜まってしまうことが原因みたいです。

【症状】
・めまいや立ちくらみ、顔のほてり
・筋肉痛や筋肉のけいれん、足がつるや吐き気、頭痛
・汗のかき方がおかしい(何度拭いても汗が出る、もしくはまったく汗が出ない状態)
・体温が高く皮膚が赤く乾いている
・呼びかけに反応しない、おかしな返答をする
・まっすぐ歩けない
・自分で動けない、水分補給ができない

このような症状がある方は危険です。

【治療】
・水分補給
熱の溜まりにくい場所に移動したら、水分や電解質・糖分を摂取することです。
こまめに水分補給を行ってください!

・冷却
非常に重症な状態では体温が40℃を越えるほどになります。これは、体温調節を担う脳の体温中枢が機能しなくなるためです。冷却の方法には、ぬるま湯を皮膚に吹きかけて扇風機で送風するといった方法や、胃や膀胱内へ冷水を注入する方法などがあります。

参照:https://medicalnote.jp/diseases/%E7%86%B1%E4%B8%AD%E7%97%87? utm_campaign=%E7%86%B1%E4%B8%AD%E7%97%87&utm_medium=ydd&utm_source=yahoo

熱中症の治療法です。ぜひ参考にしてください!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事