ブログ

■代表ブログ
■スタッフブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 嫌がらせを受けたら・・・

嫌がらせを受けたら・・・

こんにちは!
今日は、中学生時代に経験したことを書こうと思います。

皆さんは嫌がらせをされた時、どうしますか?
中学時代は、思春期の影響か人間関係もいろいろ複雑になるころです。

私の友達の一人に、Yさんがいました。とても仲が良かったわけではないのですが、家が近かったこともあって、通学路で会うと一緒に登下校する仲でした。
初めて同じクラスになって半年が過ぎたある日、下駄箱に入れてあった私の靴の中に、1枚の紙が入っていました。

「ムカつく。顔を見せるな。」と特徴的な字で書きなぐってありました。
ショックが大きすぎて、何が何だか分からなくなり、その場に立ち尽くしていました。

でもしばらくして、その特徴的な字に見覚えがあることに気がつきました。
これは絶対にYさんの字だと思いました。

そこにYさんがやってきて、「どうしたの?」と声をかけてきました。
自分でやったことなのに、素知らぬ顔で心配してきました。

「・・・・」
何と答えたらよいか、分かりませんでした。

明らかに彼女が書いたものなのに、どういう気持ちで聞いてきているのだろうと思いました。心の整理がつかなかったので、「何でもない。またね。」とその場から逃げるように帰りました。

家に帰ってからも気にはなりましたが、親に話すこともできませんでした。
「学校へ行きたくないな」「Yさんに会ったらどうしたらいいの?」
複雑な気持ちでした。

翌日、頑張って学校へ行き、仲の良い友達に紙を見せました。
その子の意見も、Yさんの字だから、Yさんが入れたんだと思うということでした。

「私が聞いてあげる。」と言ってくれましたが、事が大げさになるのも嫌だったので、断りました。
その日の帰りにも、同じような紙が入っていました。

その次の日、重い足取りで学校へ行く途中、Yさんに会いました。
相変わらず何事もなかったように「おはよう」と声をかけて来ました。

「気まずいな」「どうしよう」と思いましたが、「無視するのも・・・」と思い、一緒に登校することにしました。
そして本人に聞くのに良いタイミングだと思い、思い切って「相談ごと」として話ました。

2日にわたって下駄箱に紙が入っていたこと。
その紙にひどいことが書いてあったこと。

言いたいことがあるなら、直接言ってほしかったということ。
書いたのがだれでも、その人を嫌いにはならないということ。

Yさんは、「えっ、そうだったの!?ひどいことする人がいるんだね。」と言いつつ、明らかに動揺していました。
やっぱり彼女だったんだなと確信しました。でもそれ以上追及することはしませんでした。

誤ってほしかったわけではないし、追及してどうにかしたかったわけではないし。
本人に気持ちが伝わったならそれでいいと思いました。

精神的にすこし不安定なところが見られる子だったし、家庭環境も複雑なようだったので、きっとストレスがたまっていたのだと思います。
その後、嫌がらせは一度もありませんでした。

嫌がらせを受けた時、どう反応すればいいのか難しいです。
対応によっては、嫌がらせがエスカレートするかもしれなし、その後の人間関係に影響するかもしれない。

正解の対応はないと思いますが、大切なのはまずは一人で考え込まず、誰かに相談することだと思います。
親でもいいし、自分の兄弟、親友でもいいと思います。

言葉や暴力、その他の方法で仕返しをしても逆効果です。
きっぱりと自分の意見を伝えることも大切だと思います。

ユーモアを交えて切り返せると、なおいいですよね。なかなか難しいですが。。
少しでも参考になればうれしいです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事