ブログ

■代表ブログ
■スタッフブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 学校の先生と合わない・・・・

学校の先生と合わない・・・・

こんにちは^^☆
昨晩私は嫌な夢を見ました。

高校時代の、不登校だった時の夢です。
当時苦手だった先生が見てる前で、試験を受けなければならないという夢だったのですが・・・。
当時の何とも言えないプレッシャーや不安感がリアルによみがえって、起きたときは冷や汗をかいていました;

私もまだまだですね(笑)!
今日は学校の先生との関係について、書いてみようと思います。

 不登校コースの生徒さんにも、

「学校の先生と合わない」「体罰まではないけど、嫌味なことをされたり言われたりする」など、先生との関係にストレスを感じている生徒さんがよくいます。

人間同士だから、なんとなく合わないな、と思うことは教師と生徒という関係であっても当然起こりうると思うのですが、
先生の言動が明らかに不条理な場合もあるようです。

日本多くの学校はクラス制です。そんな中で、担任の先生と合わない、となるとかなり学校生活が生きづらくなると思います。
だからといって、「自分だけクラスを変えてください」とはなかなかいきません。
多くの場合、クラス替えがあるまで、なんとか耐え忍ばなければならなくなります。

すごいストレスです。
私なんか、いまだに夢でうなされるくらいです・・(笑

「他の子はどうにかなっているのだから、その子に問題があるのでは?」
とか

「そういう苦手な人ともうまくやっていく協調性を養う場なんだ」
とか、そういう風に周りに言われて、

「ああ、わたしがだめなんだ」
と思いこんでしまっている生徒さんもいます。

でも、コミュニケーションは双方向で行われるものですから、生徒さんだけが悪いなんてことは絶対ないんです。
それに、教師と生徒の立場であるなら、本来教師の方が生徒さんの立場に立って行動するものだと思います。

だからまず、そうしたことで自信を失っている生徒さんには、自信を取り戻せるように話を聞くようにしています。

もし、社会人だったら、
上司との関係で悩んだらパワハラ、とかセクハラ、とかいろんな言葉ができているし、

他の先輩に相談する、人事部に相談する、公的機関に訴えるとか、そういう方法が思いつきます。

もちろん、そう簡単に解決できることではないし、実際その方法が取れない人がたくさんいるので問題になっているのだと思いますが。。。とりあえずそのことは置いておいて、社会として、そういう仕組みをきちんと作り出そうというスローガンというか、理想の形があると思います。そのための相談窓口も多くあり、問題解決の糸口が見つけやすいように整備されつつはあるのではないでしょうか。

でも、学校の先生と生徒の間では、もちろん「体罰」という形では問題にはなりますが、身体を傷つける以外の嫌がらせ、とか本院が無自覚の場合のデリカシーのなさ、とかは容認されてしまいやすいような気がします。また、どこに相談すればいいのか、というのが明確ではありません。

他の先生に相談、というのも急にはハードルが高いことです。

実際、COREの生徒さんでも、「担任の先生と相性が良くなくて悩んでいるけど、それを他の先生とか、スクールカウンセラーとか、学校内部の人に相談するとすぐに自分が言ったことがばれちゃうし、告げ口したと思われそうで抵抗がある」という子もいます。

やはり、こういう問題は第三者に相談できる場をきちんと整備して、「こういう時にどこに相談したらいいのか」が明確にされて行ってほしいですね。

私たちは、生徒さんのこうした悩みを聞くことで、少しでも学校の人に話しにくいというストレスを軽減できたら嬉しいです☆

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事