ブログ

■代表ブログ
■スタッフブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 突然の変化~不登校生徒指導レポート~

突然の変化~不登校生徒指導レポート~

こんにちは^^☆

COREの大平です。
だんだんと春の陽気になって来ましたね♪

今日は、ある不登校生(Eくん)のお話を書いてみようと思います。

Eくんは、すっごくおしゃれな中学生の男の子でした。
古着屋さんを見て回ることと、ゲームセンターでゲームをするのが大好きで、

COREにも、いつもおしゃれをして来てくれました。
「学校では、趣味の合う友達が見つからず、いばしょがない感じがして、次第に行かなくなった。」と言っていました。

でもEくんには友達がたくさんいました。もともとコミュニケーション能力が高く、おしゃべりではありませんが人の話を聞くときは相槌を入れながら、楽しく過ごすのが好きなEくんなので、ゲームセンターで出会った子や、オンラインゲームのオフ会で出会った子とすぐに仲良くなって、遊んでいました。

そんなふうに毎日を楽しんでいるようでしたが、もともと、勉強はあまり好きではありません。
COREには元気に来て授業も真面目に受けてくれますが、自分ひとりで勉強するというのは苦手のようでした。

でも、Eくんも中学3年生になったので、進路のことはどんなふうに考えているのかな?と少ししお話ししてみたのですが、

「高校へは行かなきゃな」という漠然とした希望はあるものの、具体的には自分でピンと来るものがないようで、「まぁ、お母さんが調べてくれた学校に行こうかなー」と言っていました。

現在の生活が楽しくて満足しているからこそ、あまり積極的に、現状を変化させうる「進路」について考えるのが億劫だったのかもしれません。

そんな日が続いていた時Eくんが、ある日突然、ピアスを空けてきました。
「自分で空けたー」といつもよりにこにこ話してくれたので、「おお!なにかあったの?」と聞いてみました。
すると・・・「彼女ができた」とのこと!

「彼女も不登校を経験していて、いっしょに頑張ろうって言ってくれてる。僕もしっかりしなきゃなーと思った。」
「初めてのピアスで、3か月は外せない。耳たぶ、ひりひり痛いけど、痛い間はこの気持ちを忘れないでいられる気がする。ちょっと真剣に頑張ってみるっていう決意のピアスなんです。」
微笑ましかったです^^

親御さんからしたら、急にお子さんがピアスをあけたらびっくりしてしまうかもしれません。

決意=ピアスという発想についての議論は今は置いておいて、、、
その後、彼は高校に進学し、COREも卒業しましたが、
きちんと校則をまもるために明るかった髪も黒く染め直して、高校では皆勤賞をとっているそうです☆

彼の場合は、決意のピアスが心機一転にうまく働いてくれたのかもしれませんね。
「彼女が出来た」とか、「ファッションを変えた」とか、本当にちょっとしたことで、気持ちが急に前向きになることもあります。

保護者の皆さんはお子さんの行動に一喜一憂してしまうものですよね。
でも、誰にも何がいいふうに転ぶかはわかりません。

気を楽にして少し離れて、見守ってあげることもたまにはいいかもしれませんね♪

CORE 大平

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事